デイ・サージャリー

施設の概要

京都大学医学部附属病院手術部デイ・サージャリー診療部門(Day Surgery Unit: DSU)は、主に日帰り手術・短期滞在手術を対象として、2000年から診療を開始しました。以後年に約1300例程度の麻酔科管理症例と3000例程度の各科管理症例を扱うまでに発展してきました。 2016年では麻酔科管理症例の約(200例)が全身麻酔後日帰りで行われました。日帰りが予定されていた患者さんが予定外に入院を余儀なくされた症例は、2016年は止血の確認で1泊入院となった1例のみであり、欧米の大規模研究では以上の報告が大半であることを考えると、この結果は満足できるものと考えます。このような達成には麻酔科医、看護師、外科医、事務職員が一体となったチーム医療が大きく貢献していると考えています。

DSUでのエコーガイド下神経ブロックの様子
DSUでのエコーガイド下神経ブロックの様子

DUS写真PICC
エコーガイド下にPICC留置中

 

 

ページトップへ