周術期呼吸循環合併症の発症状況調査

研究課題名

周術期呼吸循環合併症の発症状況調査

研究目的

手術後に人工呼吸や血圧をあげる薬剤の投与を必要とするような呼吸器・循環器の合併 症の発症状況を調査します。

研究方法

2016 年 9 月から 2019 年 8 月までに京都大学医学部附属病院において以下に示すような 手術を受けた患者さんを対象とし、診療記録から得た情報を解析します。この際、診療 記録の情報を抽出しますが、患者氏名はデータとして保存しません。抽出したデータは パスワードによってロックされるコンピュータで厳重に管理します。本研究の結果は麻 酔科学領域における学会発表、論文執筆の形で還元いたします。

研究対象となる手術:心臓・大血管手術、肝移植手術、肺移植手術、頸動脈内膜剥離術、 末梢血管バイパス術、人工股関節全置換術、人工膝関節全置換術、結腸・直腸切除手術、 肝切除手術、膵頭十二指腸切除術、肺全摘術、肺葉切除術、胃切除手術、食道切除手術、 腎摘除手術、膀胱切除手術。

研究対象の方への説明

この研究を行うにあたって、対象の患者さんに研究対象であることの連絡はいたしませ ん。本研究の研究実施計画書については、個人情報や研究の実施に支障のない範囲で閲 覧することができます。研究実施計画書の閲覧を希望される方は、本研究の主任研究者 または病院の相談窓口までご連絡ください。 本研究へのご協力がいただけない場合には、研究対象者から除外しますので,下記まで ご連絡下されば幸いに存じます。本研究へのご協力がいただけない場合にも、患者さん が診療上の不利益を被ることは一切ありません。

主任研究者
京都大学医学部附属病院麻酔科 助教 溝田敏幸
075-751-3433 665tana[at]kuhp.kyoto-u.ac.jp
病院の相談窓口
総務課 研究推進掛
075-751-4899 trans[at]kuhp.kyoto-u.ac.jp
ページトップへ